ダブルドリブルとは?

「ダブルドリブル」とは、両手でドリブルをついたり、2度連続でドリブルをついてしまうことを言います。

両手でついてはいけないというのは、言葉の通り両手でドリブルをつくと反則になり相手ボールとなります。

片手で、ボールをつかなくてはなりません。

わかりにくいのは、2度連続でドリブルをつくということかもしれません。

例を出すと、まずパスをもらって、ドリブルをついた後、もう1度ボールを持ってしまったとします。

その後に、もう1度ドリブルをついてしまうと「ダブルドリブル」となり反則で相手ボールになってしまいます。

「ダブルドリブル」というと、両手でドリブルをついてはいけないことと思われがちですが、後者のように、ドリブルをついた後、ボールを1度保持した後に、またボールをついてしまうことも「ダブルドリブル」になってしまうので、注意してください。

トップページへ